〜茶花歳時記〜


     々が語る 節の報せ  茶 と共に日本の 承を次の世代へ…  


◇12月の茶花歳時記◇



 月 日  和 暦     花 材   花 器  亭 主  場 所
12月1日 明治44年 蝋梅、白侘助 遠州獅子口 石黒况翁 帰雲亭
12月2日 文政元年 犬柳 備前鬼面耳付 久田宗也
12月3日 昭和3年 牡丹 鳳凰耳青磁 益田鈍翁 小田原
12月4日 昭和41年 蝋梅、数珠玉、高野箒 一重切(宗旦作) 戸田紹安 即日庵
12月5日 大正3年 白玉、鴬神楽 尺八筒 野崎幻庵
12月6日 大正3年 侘助、紅葉のどうだん 伊賀笹耳 益田紅艶
12月7日 享保9年 福寿草2輪 一重切(利休作) 今大路治部大輔
12月8日 慶応3年 いのこ柳、赤椿 一重切(宗甫作銘明鏡) 前田竹
12月9日 昭和14年 雪柳、紅木瓜 竹組籠 島田佳矣
12月10日 昭和39年 黒百合 赤絵金襴手 鈴木宗苑 裏千家研修道場
12月11日 大正2年 侘助、蝋梅 尺八(利休作) 瓜生震 百里
12月12日 昭和25年 伊予みづき、寒菊 尺八掛花入 徳沢国貴
12月13日 慶長11年 薄色椿、白梅 信楽筒 最福院
12月14日 明治43年 水仙 古銅龍耳 三井小柴庵 和敬会
12月15日 昭和30年 山法師、素心蝋梅 一重切(石州公作) 伊藤抱月庵
12月16日 天明元年 ミツマタ、赤椿 一重切(宗巴作銘六月桜) 松尾宗政
12月17日 昭和36年 紅椿蕾葉5枚、素心蝋梅 古銅下蕪筋入腰地紋 菅沼宗阿 弘仁亭
12月18日 大正元年 白椿、寒菊 古伊賀杵形 高橋箒庵
12月19日 承応2年 榛の木の花、梅 古銅花入 金森宗和
12月20日 元治元年 莟木蓮 摺る木(銘経千萬) 前田竹
12月21日 慶長8年 柳、梅 備前筒花入 古田織部
12月22日 大正6年 蝋梅、妙蓮寺椿 木耳籠花入 原三渓
12月23日 大正13年 寒菊、奈良紅葉 輪無二重(鎮信作) 根津青山 撫松庵
12月24日 天保8年 白椿 一重切(妙法院宮御作銘松浦) 松浦熈 観中
12月25日 昭和41年 枯れ尾花、菊 鼓胴(皮敷きて) 鈴木宗保 監亭
12月26日 昭和14年 紅木瓜、黄寒菊 信楽焼 近藤泊涛庵
12月27日 永禄元年 山橘 せがいぶね ならや慶西
12月28日 正保5年 水仙 竹筒 半田四郎兵衛
12月29日 大正元年 水仙、藪柑子 青竹一重切 益田鈍翁
12月30日 天正7年 古銅 八条殿